Pocket

誰しも髪の悩みはあるかと思います。

その中でも枝毛で悩まれている方は

多いのではないのでしょうか?

 

男性よりも日々髪のケアをしている

女性の方で悩まれている割合の方が多いでしょう。

 

枝毛が数本程度しかないようであれば

抜いてしまえばいいのですが、

沢山ある場合は全て抜くわけにはいきませんよね。

 

枝毛になってるところだけカットしてもらうにしても

沢山枝毛がある場合、1本1本カットなんて正直かなり大変です。

 

 

抜くにしてもいちいち枝毛を探すのが

面倒だなー

って思われたかも知れません。

 

 

 

確かに1本1本探すのは時間がかかりますので

根本的に枝毛になってしまう原因を知る

必要があります。

 

そもそも枝毛になってしまう原因は

何なのでしょうか!?

 

枝毛が生えてしまってからでは遅いですので、

枝毛になってしまう原因をしっかり理解しておけば

美容院などでカットしてもらった後に枝毛対策が

できますよね!

 

私なりに枝毛になってしまう原因を徹底的に

調べて見ましたので是非参考にして見てください。

 

 

  • 枝毛になってしまう原因とは!?

 

 

枝毛の原因って何だと思いますか?

生まれつきの髪質でしょー!

って思われたかも知れません。

 

確かにそれも1つの要因です。

探してみたら他にも枝毛の原因は

沢山ありました!

 

そんなにあるの!?

って思いますよね。

 

それがあるんです。

枝毛になってしまう原因は6つありました!

 

1、過度なヘアケア

2、生活習慣の乱れ

3、ストレス

4、ドライヤー、コテによる熱の影響

5、紫外線によるダメージ

6、髪を濡れた状態のままにしてしまう

 

こういったことを繰り返すことにより

枝毛になってしまうのです。

 

原因を知るだけでも対策ができますので

覚えておいたほうがいいでしょう。

 

 

枝毛が全くないような人もいるけど

髪質ってやっぱり関係あるのかなー?

と思われたか知れません。

 

やはり枝毛になりやすい髪質

というのはありました。

 

○くせ毛

○細い毛

 

このような髪質の方は枝毛になりやすい傾向

にあります。

 

なんで?

と思われるでしょう。

 

くせ毛や細い毛はダメージを受けやすく、

キューティクルが剥がれることにより

枝毛という症状が現れるのです。

 

そもそもキューティクルって何?

って思われる方もいるかも知れませんので

解説しますね。

 

そもそも髪は3構造になっています。

キューティクル、コルテックス、メヂュラ

の3構造です。

 

 

1番外側にあるのキューティクルで

役割として外部から髪の内部を傷つけないよう

守ってくれる役割があります。

 

 

キューティクルについて解説しましたが

分かって頂けたでしょうか?

 

髪質というのは根本からは改善できません。

くせ毛の方がストレートにしたからといって

1時的なもので時間が経てば再発します。

 

枝毛になりやすい髪質の人は

諦めるしかないの?

って思われたでしょう。

 

元々枝毛になりやすい方は先ほど説明した

枝毛になりやすい原因に当てはまってる所がある場合

まずそれを改善しましょう!

 

そして髪はタンパク質、亜鉛、アミノ酸によってできています。

枝毛になりやすい方は髪が弱くダメージを受けやすいです。

 

髪の内部から丈夫にするため、

積極的にタンパク質、亜鉛、アミノ酸を

摂取していくことを心がけましょう!

 

具体的にどんな食材がいいかといいますと、

 

タンパク質ー卵、納豆、豆腐

亜鉛ー牡蠣、ひじき

アミノ酸ー卵、牛乳、鶏肉

 

こういった食材を意識して普段の食事に

取り入れていくといいでしょう。

 

 

 

枝毛になりやすい原因について解説してきましたが、

枝毛は髪質によっても変わってきます。

 

枝毛になりやすい髪質の方は枝毛対策と髪に良い食事を

意識して実践して、そして継続していくことにより

少しずつ髪質が変わっていくはずです。