Pocket

皆さん、少なからず髪に対して

何かしらの悩みがあるでしょう?

 

枝毛であったり、ツヤがなかったり

薄毛であったり人それぞれ違うと思いますが

悩みの1つや2つあるはずです。

 

改善方法を探すことはもちろんですが

髪の構造について多少なりとも知識は

持っておいたほうがいいと思います!

 

改善方法さえ分かればいいよ!

って思われたでしょう?

 

 

確かにそうですが髪に対する知識を

少しでも持っていれば役に立ちますので

知っておくといいでしょう。

 

髪の構造について調べてまとめてみましたので

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

  • 髪の構造にあるキューティクルとは!?

 

 

キューティクルという言葉を知っている

人は多いはずです。

名前は知ってるけど詳しくは知らないな~

っていう方が多いはずです。

 

よく雨上がり決死隊のホトちゃんが

自分の髪はキューティクルがあるって

言っているので名前を知っている人は

多いと思います。

 

 

キューティクルについて解説していく前に

そもそも髪の構想はどのようになって

いるのでしょうか?

 

髪は大きく分けると

「メデュラ」「コルテックス」「キューティクル」

の3層構造に分かれているんです。

 

 

中心にメデュラがあり、

その周りを囲むようにあるのがコルテックスです。

そして1番外側を覆っているのがキューティクルで

ウロコ状に重なり合ってできているんです。

 

髪は3層構造になっているのは分かったけど

結局、キューティクルの役割は何なの?

って思われたかも知れません。

 

焦らないでくださいね。

これから解説していきます。

キューティクルの役割についてですが

 

外敵から髪の内部を守るために

バリヤ機能として働きます。

 

ほー!凄い機能じゃん!

って思いますよね。

 

 

髪にツヤがなくなったり、パサつき、枝毛

になるのも全てキューティクルがダメージを

受けているからなんですね。

 

重要なことは、

キューティクルは一度壊れてしまうと

元に戻りません!

 

えーー!そんなシビアなの!?

って思われたかもしれませんがシビアなんです。

 

日頃からキューティクルにダメージを受けないような

生活習慣を心がけることが大事です!

 

具体的に何に気をつければいいの?

って思いますよね。

 

3つのことに気をつけてください。

 

1、ドライヤーの当て過ぎ

2、過度なパーマ、カラーのやりすぎ

3、紫外線によるダメージ

 

この3点は特に注意してくだい!

どれもキューティクルにダメージを受けますので

どれも程々にしましょう。

 

気をつける点について説明しましたが、

ただ気をつけるだけでなく日頃行う髪のケアも

非常に大事です。

 

特に保湿やUVケアなどを行い

美髪でいつまでもいられるように

頑張りましょう!