Pocket

皆さん、髪の成分について興味ありますか?

別に興味はないよ。

って思われる方が多いかと思いますが、

予備知識として知っておくといいでしょう!

 

今回は髪は何から出来ているのかについて

解説していきますので参考程度にしてみて

ください。

 

  • 髪の成分は何から出来ているのか!?

 

 

美容関係の仕事についていたり美容に詳しい方は

当たり前のように知っているかもしれませんが

知らない人も多いはずです。

いったい髪はどういった成分でできているのでしょうか?

 

結論から言うと、

 

主にタンパク質(ケラチン)からできています。

 

これを見てケラチンって何?

って思われた方もいるかもしれません。

 

ケラチンとは18種類のアミノ酸から成り立つ

タンパク質のことを言います。

 

んー?わかりにくいな~

って思われたかも知れません。

 

とりあえずタンパク質でできている

と覚えておけばいいです。

 

またこのケラチンは髪の主成分で

髪の90%以上がケラチンで占めているんです!

 

 

凄いですよね!90%以上ってことはほぼ全てケラチン

ってことですからね~

 

ケラチンは髪以外にも肌や爪なども構成しているんです。

すげー!!万能じゃん!

って思いますよね。

そうなんです。凄い機能をする成分なんです。

 

さて先ほどケラチンは18種類のアミノ酸から

成り立っていると言いましたが具体的に

解説していきましょう!

 

アミノ酸の種類なんて興味ないよー

って思われたかもしれませんが

予備知識としていれておくといいですよ。

 

ケラチンに含まれている18種類のアミノ酸

は以下の通りです。

 

アルギニン酸・セリン・アスパラギン酸・スレオニン

メチオニン・トリプトファン・プロリン・グリシン・

チロシン・バリン・アラニン・フェニルアラニン・リジン・

ヒスチジン・ヒドロキシプロリン、シスチン、グルタミン酸

ロイシン

 

 

この中でも含有量が1番多いのがシスチンです。

シスチンはケラチン繊維を結びつける役割があります。

 

薬剤師などこういった成分に詳しい方は

これらの成分を見てこういった成分も入ってるんだー!

って思われると思うはずです。

 

ただ一般の方がこれらの成分を見ても分からない

ですので、こんなにも入ってるんだ~という程度で

見てもらえれば大丈夫です。

 

ケラチンに含まれているアミノ酸について説明してきましたが

ケラチンが不足するとどうなるのでしょうか?

 

ケラチンが不足してしまうと

○髪のツヤがなくなる

○髪がパサつく

○枝毛、切れ毛が出てくる

このような症状が現われてしまいます。

 

ケラチンが不足してしまわないためには

日頃の食生活が大事です!

偏った食事は止めて、バランスの良い食事を

常に心がけましょう。