Pocket

髪に全くダメージのない人なんて

いませんよね(笑)

皆さん、何かしら髪に対して悩みを

抱えているはずです。

 

枝毛や切れ毛、薄毛、髪にツヤがなく

パサついているなど人それぞれ悩みは

違うと思いますが悩みの1つや2つは

あると思います。

 

そもそもこのような髪がダメージを受ける

原因は何なのでしょうか?

確かに気になるな~

って思われたでしょう。

 

これから解説していきますので

焦らないでくださいね(笑)

私なりに髪がダメージを受ける原因を

調べてまとめてみましたので是非参考に

してみてください!

 

  • 髪がダメージを受ける原因は何か!?

 

髪がダメージを受けると髪がパサついたり

枝毛が出てきたりして本当に嫌ですよね。

誰しも、どうして髪がパサついたりするんだろう?

と疑問に思ったことがあるはずです。

 

どうしてこうなるんだろう?

髪質だから仕方ないのかな~

って思われたことがあると思います。

 

確かに生まれ持って人それぞれ髪質は違います!

最初から髪にツヤがある人もいれば、

くせ毛の人や髪がパサついていている人など

人それぞれです。

 

生まれ持った髪質は根本からは変えられませんが

ある程度は変えられますので心配しないでください!

 

そもそも髪がダメージを受ける原因は何なのでしょうか!?

調べてみたら4つの原因がありました!

 

1、紫外線によるダメージ

2、カラー、パーマによるダメージ

3、ドライヤーによるダメージ

4、乾燥によるダメージ

 

髪がダメージを受けるのはこれらの4つの原因

からなるんです。

 

ダメージを受ける原因って結構あったんだ~!

って思われたかもしれません。

 

1つずつ解説していきましょう!

 

1、紫外線によるダメージ

髪は3層構造になっており1番外側の層がキューティクル

と言うのですが、紫外線を受けるとこのキューティクルが

剥がれて髪にツヤがなくなり枝毛や髪がパサついたり

してしまうんです。

 

 

2、カラー、パーマによるダメージ

パーマ、カラー剤を使用すると薬剤が髪や頭皮にまで

ダメージを及ぼしてしまうんです。

 

パーマやカラーを繰り返すことにより

髪の内部の水分が失われ髪にツヤがなくなったり

パサつきの原因になりますので、両方やるのは

避けたほうが無難です。

 

 

3、ドライヤーによるダメージ

ドライヤーを髪に近づけて使用したり、

当てすぎたりなど間違った使用方法で

続けると髪の内部の水分が失われてしまうんです。

 

髪の水分が失われると髪のツヤがくなったり

パサついたりする原因になりますので

ドライヤーの熱を少しでも抑えるためタオルを

かぶせた状態でドライヤーを当てることをおすすめします!

 

 

4、乾燥によるダメージ

夏場や冬場になると冷暖房を使用する人が

多いはずです。使用するのはいいのですが

長時間使用したりしていると空気が乾燥してきて

髪にまで影響してしまうんですね。

 

髪の水分が失われていき髪のパサつきの原因に

なってしまいますので冷暖房を使用する際は

時間設定をするようにしましょう!

 

 

髪がダメージを受ける4つの原因について

解説してきましたが、どれも自分でケアをして

改善できることばかりですので美髪を目指して

日頃のケアを怠らないようにしていきましょう!!