Pocket

抜け毛が増えてくると、

このままハゲてしまうのではないかと

不安になってしまいますよね。

 

薄毛が進行していったり、

抜け毛が増え出したら誰しも育毛剤

を使い始めるのではないのでしょうか!?

結論から言いますと、

 

育毛剤には発毛効果はありません。

 

えっ!そうだったのー!?

って思ったでしょう?

 

実はそれには理由があったんです。

育毛剤と発毛剤の2種類があるんです。

えっ!? 別に一緒じゃないの!?

って思いますよね。

 

一見、同じように見えますが配合されている成分

が違いますし、効果も違うんです!

1つずつ解説していきましょう。

 

 

  • 育毛剤発毛・育毛剤と発毛剤の違いとは!?

 

 

育毛剤

育毛剤とは名前の通り、髪を育むものなんですね。

効果効能も、育毛促進、脱毛予防、頭皮環境を良くしたりする

効果がありますが、発毛効果はないんです。

 

また育毛剤は医薬部外品にあたりますので市販で購入したり

することができます。

ちなみに医薬部外品とは、厚生労働省が許可した効果に

有効な成分が、一定の濃度で配合されています。

 

 

発毛剤

発毛剤も名前の通り、髪が生えるんですね。

効果効能は、発毛効果、育毛効果、脱毛予防

などに効果を発揮します。

 

また発毛剤は医薬品に該当するんです。

医薬品とは、病気の「治療」を目的とした薬のことで、

厚生労働省より配合されている有効成分の効果が

認められたものです。

 

このように育毛剤と、発毛剤は似てるようで

効果に違いがあるんですね。

 

 

発毛効果がないんだったら育毛剤

使う意味なくない?

初めから発毛剤使えばいいじゃん!

 

って思われるかと思いますが、

やはり効果がある代わりに副作用が

あるんですねー。

 

基本的に育毛剤には副作用が少ないですが、

発毛剤は医薬品として認められてますので、

発毛効果がある分、副作用があります。

 

人によってはかゆみやかぶれ、湿疹などの

症状が現れることがあるんです。

 

いくら発毛効果があると分かっていても

このような副作用がると正直使用するのに

ためらってしまいますよね。

 

副作用のリスクがあってもいいから

どうしても発毛剤を使ってみたいという方は

発毛剤を使ってみてもいいでしょう!

 

発毛剤で有名な商品といえば

リアップが有名ですよね!

 

 

リアップは市販の薬局などでも

販売はされていますが医薬品ですので

購入する際は薬剤師の許可が必要になるんです。

 

めんどくさっ!って思うかもしれませんが

医薬品なので取り扱いが厳しいのは当たり前です。

購入する際は、薬剤師の方に相談して決めましょう。

 

発毛したい!っていう目的の方であれば

育毛剤ではなく発毛剤を購入するといいでしょう。

発毛剤で病院などで処方されるプロペシアという

錠剤もあります。

 

こちらも発毛効果が大きい分、副作用もありますので

使用する際は、注意が必要です。

 

プロペシアは20代~40代の男性に

使用されることが多いです。

また発毛効果を実感するまでに約半年

かかるといわれています。

 

やはり短期間では発毛効果は期待できないんです。

それにも理由があるんです。

髪は1日約0,3~0,4mm程度しか伸びません

ので本当の変化に気づくのには時間がかかるんです。

育毛剤の公式サイトにも記載されています。

 

 

発毛効果はなくても、髪にハリやボリューム

頭皮のかゆみ改善、ツヤなどが出てくれれば良い

という方は育毛剤でもいいでしょう!